綺麗なスタイルを得る|脂肪吸引で太ももを細くしよう

脂肪を抜き取る治療

目元

抑えられなくなった脂肪

目の下のたるみは、多くの場合は脂肪が飛び出てくることが原因となっています。脂肪は基本的には、皮膚によって抑えられているのですが、目の下の皮膚は薄いため、脂肪が増えると十分に抑えることができなくなるのです。それによって脂肪が飛び出てくると、たるみが生じるわけです。放置していると、目の下のたるみは大きくなり、重みで垂れ下がっていきます。そのためたるみが生じ始めた場合には、多くの人が早めに美容外科で治療を受けています。美容外科では具体的には、脱脂術という、目の下から脂肪を除去する治療がおこなわれています。脂肪を抜き取って少なくすれば、目の下の薄い皮膚でも十分に抑えることが可能になり、たるみは改善されるのです。

脱脂術の流れやメリット

脱脂術は、多くの場合は結膜でおこなわれます。結膜とは、まぶたの内側の赤色やピンク色をした部分です。ここを数ミリほど切開して圧迫すると、中に詰まっていた脂肪があふれるように出てくるので、適度に引っ張り出した上で、切開した部分を縫合するのです。切開は、1ヶ所だけでなく2〜3ヶ所におこなわれることもあります。その方が、より多くの脂肪を目の下からバランス良く除去できるので、すっきりとした仕上がりになるからです。また、結膜を切開するのですから、まぶたの表面には傷跡は残りません。さらに縫合には、0.1ミリほどの細い糸が使われるので、異物感はほとんど生じません。さらにこの糸は、傷が塞がった後は自然に体内に吸収されていくので、抜糸する必要がないのです。このようにメリットが多いため、目の下のたるみに悩む多くの人が、脱脂術を受けています。